Armoire.

日々の記録。

一体どれぐらい天秤座の人がこの世にいるのか

別に計算とかしないし、具体的な数字が知りたい訳でもないんだけど。

占いがどう考えても私のことに全く当てはまらない時、そういう気持ちになる。

きっと全世界の天秤座の人は愛に溢れた一週間で、

私だけ、全く無縁な一週間だったんだろう。

 

ズタボロだった。

誰からも好かれない、

誰からも求められない、

ただ苦しくて苦しくて仕方の無い日々。

終わりが見えない毎日。

何のために生きてるのかわからない人生だったけど、

最近は本当にわからなくて、

 

帰宅して晩ご飯を食べるとすぐ眠くなってしまう。

というか起きていられなくて、少しだけ、のつもりが1時間ぐらい寝てしまって、

夜中結局眠れなくて延々と夜明けを待つ羽目になる。

 

夜中が一番、生きててきつい。

何度も妄想する。

マンションの上階へ行くこと。

どうやって私物を片付けてもらうか、とか。

何回も。何回も。

 

何回考えたって私が私を否定するし、

でも誰も彼もみんな私のことを必要としないし、

だからもうどうしようもない。

 

他人が絶対に自分の都合良く動くことなんてありえない。

それは、努力してきた人が偶然うまくできた結果であって、

私みたいにぐうたらぐうたらしてた人間が手にできるものなんて何も無い。

なんにもない。

たまたまなにも持たずに生まれてきて、

なにも習得できずに大人になってしまって、

心が取り残されて、年甲斐もなくみっともなく苦しんでいるだけ。

だから仕方ない。

全部諦めなくちゃいけない。

友達もいない。

ずっと苦しみながら、それでも自死を選ぶという逃げは現状許されなくて、

ひとりで、その日を待つだけなんて、どうやって乗り切ればいいんだろう。