Armoire.

日々の記録。

中身の無い自分を再確認した日。

マッチングアプリを始めてみた。

 

 

女性は顔写真を載せたら500いいねもあっという間だというけど、

当然そんな数には至らず。

自分の顔面偏差値の低さと、おそらくの年齢と、職業と、そのほか諸々、

己の魅力の無さというのを痛感。崖っぷち女、生きてる価値なし。

いいね押してくれた人、ありがとうございました。

 

 

だいぶ自分の中で厳しめにルールを設定したので、

当然私なんかを相手をしてくれる人も少なく。

まず即会いましょうみたいな人も私はNGだったので、

メッセージである程度会話のやりとりが出来る人、となるともっと少なかった。

 

 

その中でも、どうして私とやりとりをしてくれるのか不思議なぐらい、

全部の条件が良すぎる、むしろなんでマッチングアプリなんてやってるんだ?

って人が居た。

日程の都合が合わなくて、だいぶ先になってしまったのと、

LINEへ移行したら毎日していたメッセージの交換は途絶え、

不安になりながら数日前に連絡して待ち合わせ場所と時間を決めた。

 

クーラーの全然効いてない駅の出口で待ち合わせ。

びっくりする程の大汗をかきながら早く着きすぎた私は待っていた。

相手は普通にちょっと遅れて来た。普通にフレンドリーに話してくれて、緊張も解けた。

私の大汗にビックリしてたけど(私も自分がこんなに汗をかくとは思わなかった)

普通にこじんまりしたカフェで、ランチセットを注文。

向こうが色々私のことを質問してくれる、それに答えて、時々私が質問して、という感じ。

ショックなのはメッセージで色々話したことを改めて聞かれたこと。

 

私の情報は、完全に彼からは取り除かれていたようで、寂しかった。

それでも丁寧に一つ一つ話を拾ってくれる、とても穏やかな人だった。

 

話せば話すほど、素敵な人であるからこそ、もう何が裏にあるかわからないし、

苦しくなってしまっていた。彼がすごすぎる人で、私の庶民感が。

完全に釣り合わない、私の身分が不相応だなと思ってしまった。

隣に座るカップルと、私の何が違うのか、どんどん惨めになってしまった。

 

それでも次は○○を食べにいきましょう、という社交辞令とともに、

約2時間の面接は終了。

こんなに楽しかったんだ、久々のときめきをありがとうございました、と

自分に言い聞かせて、もうダメだったんだ、と諦めながら帰り道。

向こうから楽しかったです、というお礼が先に届いてしまった。

慌ててこちらもお礼をするも、既読スルー。

そう、既読スルーが多くて、不安になる。

 

翌日、今度は○○を~という改めての社交辞令が届いたので、

飛び上がりたくなる気持ちを抑えながら、

いつが空いてますか、と連絡した。既読スルー。

 

数日前のことである。

 

もう何百回と、「男性 脈なし 既読スルー」について検索し

その度に誤字の多い色んな記事サイトに飛んだ。

諦めよう、諦めよう、としても毎日待ってしまう。

確認したらブロックはされていなかった。多分。

でも、追撃する勇気はない。

もう会わないであろう私をブロックしない神経も謎なんだけど、

ブロックが手間っていう人の意見も見た。のでそうなのかもしれない。

 

 

着々と増える、彼へのいいね。新しい、魅力的な女の子なんてたくさんいる。

婚活サイトは並行が当たり前と知っていても、

私はそんなに器用じゃないから、一人に絞ってしまったけど、

当然相手は色んな人を見てるだろう、色んな人に会ってるだろう。

こうやって疑心暗鬼になる人の書き込みもたくさん見た。

もう疲れた。次を探す気力なんて、今は無い。

いつ、こちらが彼をブロックするべきなのかも悩んでいる。

早くブロックしてくれたらいいのに。

 

それにしても、彼はとても上手に当日を乗り切っていた。

嫌な顔を感じさせず、落胆を伝わらせず、むしろ次があるように振る舞っていた。

仕事が出来る人は口も上手いのだろう。

 

以下、私が彼との会話において、選択肢をミスったなと思うものを

載せておきます。自分で気がついてないだけで他にもあるでしょう。

・仕事は楽しい?と聞かれ、躊躇ってしまった、というか濁してしまった

→彼はとても今の仕事が充実しているらしく、その流れで聞かれたけど、

私は今の職場は気に入ってはいるけど、人生自体にあまり希望が持てず、

曖昧な返事をしてしまった。愚かにも程がある。

・好きな音楽、映画等、趣味の一部を伏せてしまった

→私はライブばっかり行ってるバカだけど、それを伏せたプロフにしたし、

好きなバンドすらも濁したので、こいつ一体普段何をしてるんだ?と思われたに違いない。映画は実際本当に最近見てないので好きな映画すら思いつかなかった。

・趣味が語れない、つまり、自分がない

→仕事も最低限、趣味も謎、こんな女のどこに魅力があるのだろうか?

私が男だったらもうさっさと帰っている。2軒目に移動しただけでも奇跡である。

引かれるの覚悟で趣味に生きてることをオープンにした方が気が楽だったかもしれない。

・見た目の問題

→なにせプロフの写真を微妙にsnowとビュープラで加工したので、がっかりはしたと思う。

あと、髪の毛で隠れているけど、私はピアスをいま7個つけている(ホールが安定してないから悩んだけど外さなかった)

風とかで多少見える。ピアスを引かない人なんて居ないと思う。

 

・会うまでの日にちが長すぎた

→どこのサイトにも書いてあった。早く会えと。

でもこれは向こうの都合と、あと私がちょっと通院してたので、どうしても

最短でこの日になってしまった。これは仕方ない。

・引きこもり

→私は理由あって実家で一人暮らしをしているのだが、それを伏せていたので、

「夏休みは実家に帰るの?」と聞かれた。実家暮らしだよ、とだけ答えた。

そしてどこか出かけるの?と聞かれたので、出かけないよ、と即答した。苦笑された。

正直なところ、この暑いのに外なんて一歩も出たくないレベルなのに、

どこかに遊びに行くなんて想像もしたくない。(デートなら別だけど)

だいぶ苦笑いしていた。本当につまらない女ですみません…。

 

以上!きっともっといっぱい私の悪いところがあって、

どうしようもなく相手の時間を無駄にしてしまって本当に申し訳ない。

そして私はこのもやもやを吹き飛ばすためにまとまりのない記事を書いてしまい

誰かの時間を奪ってしまって本当にごめんなさい。

ただでさえ精神ぐずぐずなのに毎日ワンワン泣いてるし、仕事も正直手につかないし、

好きなゲームですらやるの面倒だよ。何もしたくない。

この人に関わる記憶をすっぱり飛ばしたいんだけど、どうしたらいいか誰か教えて下さい。