見つけて見つけて。

いつか誰かの、ほんの少しでいいから役に立てますように。

つらくて、イライラして、情けなくて。

自分の感情のコントロールが全く利きません。

薬を飲んでも、飲まなくても。

誰かと居る時は、「ハイぎみ」な私。

そして、その後の、ひとりになった私は、

「ローすぎるほどロー」な私。

 

一人で過ごす夜に、不安が無いといえば嘘になります。

ずっとこの年齢まで、恥ずかしいですが、実家暮らしですし、

誰かが居て、自室にいる、ということに

安心感がありました。

 

ですが今は誰もいません。

全てを私がやらなければなりません。

動け、動け、泣いてる場合ではない、と言っても

身体は言うことを聞きません。

ただ、だるいのです。

何もしたくないのです。

ゲームだろうが、漫画を読むことだろうが、

なーんにもしたくなくなってしまいました。

 

居場所がありません。

一人で暮らす実家には、

私の怨念とか、情とか、僅かばかりの楽しい記憶とか、

そんなものがずっとたゆたってて、落ち着かないのです。

上の階の人の物音にびっくりしたり、

椅子がキイキイ言う音に不愉快さを感じたり、

家鳴りというのでしょうか、ミシッとかそういう音にも

ずっと過敏になりました。

窓を開けると、ベランダでタバコを吸う住人が居るようで、

その匂いが部屋へ入ってきてしまうので、窓も長時間は開けられません。

 

母の住む家に行きました。

でも、ここは、私の住む家ではありません。

まだ、一人で、自分のベッドで寝転がる方が、ずっと落ち着きました。

誰も居なくても。

誰も居ないことが苦痛でも。

 

それでも、周りは、一人で暮らすよりは、

今のうちに母と過ごすべきでは、と助言もしてくれます。

 

でも私の家じゃないんです。あそこは。

母と、誰か、母の仲の良い人がいるべき場所で、

そこを奪うのは、何か違うんです。

落ち着かないんです。

母を私から奪った人が憎いです。

会うぐらいなら○すと、母にはきちんと伝えているので

きっと会うことはないでしょう。

母はその人に出会えたことで、幸せな気持ちを、

穏やかな日々を得られたことでしょう。

でも、私は、またも母の一番になれないことを思い知らされて、

一体いつになったら、母の中で、私の順番が繰り上がるのか、

その日を待つ意味はあるのか。

 

両親のことを恨んでたりしないのか?と聞かれました。

親が居なくなればいいと思う時も、

いっそ自分の手にかけたいと思う時も、

私を産んだことに対しての不満も、

全てぐちゃぐちゃのドロドロになって、

私の中の気持ちとして、存在しています。

それが、恨みといえば恨みにもなるのでしょう。

 

でも、それ以上に、

いつか私のことを一番だと認めてくれるかもしれない、

そう期待してしまうのです。

一番がなんなのか、もはや私にもわかりません。

何に執着して、

望む結果がなんなのか、わかりません。

ただ、私は、私として認められたい、それだけなんです。

親に、父と、母に、私という存在を、

認めて欲しいだけなんです。

他人なんてどうだっていいんです。

父と母に、私を見て欲しい。

 

それがどうして叶わないんだろう。

 

どうして、世の中には綺麗な心の人が溢れていて

私の心はこんなに澱んでいて、

私は他人に迷惑しか掛けられなくて、

呪いの言葉のようなことしか吐けなくて、

つまらない人生を、自分でつまらなくして、

無意味にしてしまっているんだろう。

 

もし、生まれ変われたら、

「私を愛して」と伝えるだけの自分じゃなく

愛を伝えられる人になりたいなあ。