読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見つけて見つけて。

いつか誰かの、ほんの少しでいいから役に立てますように。

親の離婚に悩む子へ。

 前回の記事を書いた翌日、ちょっとした事件(?)がありまして、

私の生活は一変しました。この約一ヶ月の間で。

どうしようもない状況の中で、はてなブログさんが

「ちょうど一年前こんな記事を書いてましたよ」とメールをくれて、

そうだ、ブログに書き残そう、とやっと思えるぐらいになったので、

まとまらないまま、書きます。

 

タイトルはそのまま、

親が離婚したあと、どちらかと共に暮らす子(年齢は問わず)へ、

私が反省したこと、何か役に立てれば、

一つのケースとして、誰かのサンプルになれば、そう思っています。

 

うちはいわゆる熟年離婚です。

私が子どもの頃から、何度も何度も離婚しそうでした。

ただ、私が子どもだったことから、思いとどまってくれていました。

私が成人したのにいつまで経っても自立しない、結婚もできない(笑)ので

親がしびれを切らして離婚しました。

 

私は実家にそのまま残りました。

理由は簡単で、「誰かに何かを説明したくなかったから」です。

実家にいることによって、住所も変わらない、環境も変わらなければ

嘘をつく必要性は減り、他人に違和感を抱かせず過ごせると思ったからです。

 

私は両親だけが世界の全てでした。

両親はそうは感じて居なかったけど、私は両親>>越えられない壁>>他人

という感じでした。

この人たちに捨てられたら私は生きていけない、と

ずっと子どもの頃から思ってきました。

だから、捨てられる前に死のう、親より先に死のう、と。

そんな人間ですので、当然親を罵倒しました。でも離婚は阻止出来ず、

仕方ないので、親戚と一切関係を絶ちました。

ひっそりと生きていけば迷惑を掛けずに済むかもしれない、

そう思っていました。

でもそれが 間違い でした。

 

どんな事情があるにしても、

両親が離婚するということは、子どもに少なからず影響を及ぼすと

私は思います。

極端な話、DVだったり性暴力に悩むような人は万々歳かもしれないし、

もし今受けていて悩んでいるならばどうにかどこかに逃げて欲しいと思うけど、

やっぱり親のことは、嫌いになれない、と心のどこかで

思う子どもは少なからず居ると思います。

どんなにひどいことをされても、親だから、

ここで見捨てて何かあとから大きなトラブルを招かれるよりは、

今わたしが我慢すれば、、、 と。

 

はっきり言います。

自分が我慢しても何もいいことはありません。

むしろ精神的に病むし、身体も壊すし、どうにもならないし、

もっと手に負えなくなってからでは遅いのです。いろんな面で。

だから、親を捨てられない、なんて悩むようであれば、

もっと他の人を頼ってみてください。

それは「人に重荷を背負わす行為」と、罪悪感を覚えるかもしれません、

でも違います。

できないことは、やらなくていいのです。

誰かに何かを相談されたら、私は嬉しいです。

その人に必要とされてるんだな、と思って、頑張れます。

でも私は誰にも何も言えませんでした。

愚痴を吐いても、助けを求めることまでは出来ませんでした。

 

結果はご覧の有様です。

 

眠れなくて睡眠薬を飲まなくてはならなくなったり、

その反動で朝は起きられなくなったり、土日は一日中寝ていたり、

とにかくイライラしたり、悲しくなったり、ところ構わず涙を流したり、

人に暴言を吐いたり、仕事でミスを連発したり、自傷行為をしたり、

読めもしない量の本やDVDを買いあさって給料より支出の多い月が続いたり。

 

こんな人生、単なる地獄です。

でも、これは私自分が招いたことです。これは、親のせいではなくて、

私が誰にも頼れずに悶々としていた結果、周りの環境も悪化し、

自分自身もどうにもならなくなりました。

動けません。正しいことが何なのかわかりません。

昨日何をしたかもおぼろげで、仕事中もずっとぼーっとしています。

集中力がありません。ただ寂しくて泣いたり、怒ったり、

とにかく感情の起伏が激しいだけの、ハタからみたら我が儘な人になりました。

こうなってしまうと、自尊心を取り戻すとかもうどうしたらいいのか

全くわかりません。自分が嫌いで、自分がとにかく早く死ねばいい、と

自分に対して呪いの言葉を吐くノートを作ったりして、頭が働きません。

 

そうならない為にも、友達でも、親でも、本当に誰かに、

ちょっと話してみませんか。

ただ、誰でもいい訳じゃないので、そこは注意しましょう。

間違った人に相談すると、こんな言葉が返ってきます。

『離婚なんて、今時珍しいものじゃないんだから』

これを言われると、あ、私の悩みって、おかしいんだなって思ってしまいます。

もっと落ち込みます。だから、こういう人は、無視しましょう。

もっと、どうしたらいいかいっぱい考えてくれる優しい人はいます。

絶対いるはずなんです。

いるはずです。

いるって信じたいです。

救ってくれる誰かはいるって信じたいです。

 

だから、もう自分を責めるのはちょっとお休みしましょう。。。

無理に何か頑張る必要は、ありません。

本当に誰かが周りに思いつかないなら、それこそ匿名の掲示板だったり、

こういうインターネットの場で言ってみませんか。

(厳しめな言葉を投げかけてくる人もいるから、きちんと場所選びは必要です)

誰かに優しくされたら、少しだけ安心できます。

そうするとトゲトゲしてた心も、少しだけまるくなるはずです。

 

私はカウンセリングに通っていますが、救われた気持ちにはなっていません

それは先生に完全に心を開けてないかもしれないし、相性もあると思います

だから私は、今回、こうやって、誰かに呼びかけるスタイルで気持ちを表しました

悩んでる人が、どうにかしてたどり着いて、それでホッとできたら、

それが、私の生きている理由になるんじゃないかって思えたから。

誰かが必要としてくれる、

私を必要としてくれる人は絶対いる、

こんな風に追い詰められた私の経験を踏まえて、

失敗しないように生きようと思えるような人がいるといいなと、

そんな風に思います。

 

私が必要とされますように、という考えで書くことは

究極のエゴです。

私も、親と同じように、自分のことしか考えていません。

でも、自分のことしか考えられなくなってるから、

何か出来ることを探さなくちゃならないと思ったので、

そこで一つ、形に残そうと思ったのです。

役に立てなかったらごめんなさい。

力になれない意見かもしれません。

でもこういう意見もあるのだと、知って貰えたら嬉しいです。

 

救ってくれるひとは、どこかに、絶対いる、と思わないと

やってられないのです。