見つけて見つけて。

いつか誰かの、ほんの少しでいいから役に立てますように。

自分を許せない

自分を許してあげること

とても大事なこと

 

よくいろんな本に書いてありますね。

何なんだろう、自分を許してあげることって。

全身が重たくてめまいもして、眠くて眠くて仕方なくて

そんなぼろぼろの状態で出勤して、

お腹も痛くなったりして、

「やる気が無いのか」と怒られて。

当然ですね。やる気なんて、どこからも沸いてきません。

 

楽しいことは頑張れば出来ます。

遊ぶことに対しては、出来ます。

 

だから甘え。

 

時間は信用です。

自分の信用を削って削って、

己を「クズだ」と責めて、

他人から「クズだ」と責められて、

無価値だと、そういう扱いをされて

 

いったいあと何年こんな人生が続くのでしょうか。

「死にたい」という悩みには

「じゃあ死んじゃった方がきっと楽になるよ」

と言うことしかできません。私は実際そう言いましたし、

もし私が直接誰かにその言葉を投げかけるときは

肯定して欲しいと思います。

 

生きていても誰かの迷惑になるし、

死んでしまっても一瞬は誰かの迷惑になるんです。

人生って地獄ですね。

 

よく「いじめられたら、とにかくしなないで、

どんなにみっともなくても逃げて」と言われますが

逃げられる環境なんて、本当に僅かだと思います。

 

自分の子どもがいじめられて驚かない親はいないでしょう

(まともであれば)

どうか逃げ場所を用意してあげてほしいって思います。

逃げたくても言えないんです。

逃げられないんです。

どうにもならないんです。

 

そうやって生きてきて、今もなお、

「ああ、今ここで再会したらきっと人生終わってでも

私の心を傷つけたやつをぼろぼろにしてやりたい」と

恨む心だけで生きてる人間がここにいます。

 

すごく苦しいです。

誰かのことを殺したいほど憎むというのは本当に苦しいです。

イジメのニュースを見る度に言ってあげたい。

大人は味方になってくれません。

親も、自分の望み通りに味方になってくれるわけではありません。

だからもし死んじゃいたいと思ったら、

絶対にインターネット上と、自分の学校にも、自分の市の教育委員会にも、

国の偉い人、誰でもいいんですけど、

とにかくされたことと、いじめてたやつらの名前を書きましょう。

一番怖いのはもみ消されてしまうことです。

 

インターネットに名前を書いたら、そいつがもし少しでも

ちょっと変わった名前だったりなんかしたら、

後々の人生に関わってきます。

 

当時の私はブログとかサイトもやっていたけど、

それはあくまで趣味で、趣味の創作が楽しくて楽しくて

それがあったから頑張れました。

復讐しそびれました。だから今後悔してるんですけど。

 

社会人になってから、趣味がつらくて仕方なくなりました。

頭がぼーっとするんです。時間もあっという間になくなってしまう。

自分を幸せにするために、自分のために創作をするはずなのに

そんなことをしても意味がないと思ってしまうのです。

 

どうしてこうなっちゃったんだろう。

 

「どうしてこうなっちゃったんだろうね」と、

人生を振り返って、改めて言われた時、

「どうしたらよかったと思う?」と

問いかけられた時、

ただ涙しか出ませんでした。

誰かがわかるなら、教えて欲しい。

私がどこをどう頑張ったらよかったのか、

いまからでも取り戻せる部分があるなら教えて欲しい。

教えて欲しいです。