読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見つけて見つけて。

いつか誰かの、ほんの少しでいいから役に立てますように。

ドラマとか見てると

いろんな台詞に出会う訳じゃないですか。

 

最近よく家族だとか夫婦だとか

そういうキーワードのドラマに遭遇して

家族愛とは 夫婦の間柄とは 親の愛とは。

 

ドラマの台詞は脚本家さんの思いが詰まっているものだから

その人の思いがたくさんあふれているわけですよね。

 

それを演じる方が受け止めて、言葉にして、

音楽をつけたりカメラワークを調整して

テレビに流れて、私に届くわけですよね。

 

ニュースとかいろんないろんな事件が聞こえてくるわけですよね。

 

こうしましょう、ああしましょうって

推奨される道があるわけですよね。

答えはないのに。

「若いうちに○○しましょう」とか。

 

極端な話、

「親は一番に愛してくれてて絶対の理解者だから、

親に恩返しをしなくてはならない」とか。

 

本当にみんながみんなそうだったら

虐待なんておきないし、

親しかいないちっぽけな世界で生きてきた子たちが

それでも親を求めながら命を失うことなんてないはずなんですよね。

 

この世には絶対的に

「親になってはいけない人」がいると思うし

「親になっても、何歳になっても、親の自覚がない人」がいると思うし

「子どもよりも、自分が一番」だと思っている人もいる。

 

そういう人の元に育って

親だけ、親だけがいればそれでいいのにって思わされて

それが無くなったとき、じゃあどうしたらいいんでしょうね。

 

この年で考えるようなことでもないのに、

そんなことばかりをずっと考えている。

 

誰にも必要とされないのに生きているのってつらい。

 

「愛して欲しい、っていうならまず自分から愛さなくちゃ」っていうけど

どうしたらいいんだろう。好きだって伝えても届かないのに?

愛して欲しいって思うことってそんなに変なことなんだろうか。

自分を見て、自分を認めて、私を私だと認識してくれて、

別に何か特別なことを求めているわけでもなくて、

お金だとか極端な話じゃあどうでもいいから、

絶対に私を捨てないで、なんて

 

約束出来る人、居るわけない。

親ですらできないこと、他人にできるわけがない。

 

○○してくれたら代わりに必要としてくれるって、

そういう契約があればいいのに。

望むことがあるなら言ってくれればいいから、

かなえられるように努力するから、

じゃあ捨てないで、って。ただそれだけなんだけどな。

 

無償の愛なんてこの世に存在しないのかな。

王子様っていないらしいですよ。

 

少なくとも私みたいな人間の元には、

王子様どころか従者どころか馬車も、ガラスの靴すら、

魔法使いすら来てくれないんですよ。

悲しいですね。

 

きらきらした笑顔を見る度に、

何も努力せずにただただ息だけして生きてきた自分の無価値さとかを

痛感させられて、勝手に傷ついてる。

なんて身勝手な人間なんだろう。